◇診察内容
婦人科疾患全般    (注意:は自費項目です。)

市検診含む子宮がん、卵巣がん検診(乳がん検診は除く)
 細胞診検査、超音波検査、採血などがあります。検査は症状や結果によっては保険適応があるものもあります。

月経に関すること、不正出血の診察
 量が多い、少ない、周期の乱れなど気になることをご相談ください。余裕があれば、基礎体温表を持ってきていただくと参考になります。

超音波による子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣のう腫の診断と薬物治療
 手術の必要性を含め、治療方針を相談します。ホルモンや、漢方、低用量ピルによる治療もしています。

月経中、月経前の不快な症状の改善
 鎮痛剤、漢方、低用量ピルにより症状の改善が認められるケースがあります。

子宮頚管ポリープの診断、治療
 ほとんど痛みを伴うことなく、切除が可能です。病理学的検査により腫瘍の良悪の診断も併せて行います。出血を伴うことがありますので、切除の日取りは一度来院していただいてから決定します。

おりもの、痒み、性感染症の検査、治療
 カンジダ腟炎や細菌による腟炎の検査治療以外に、クラミジア、淋病、肝炎、エイズ※などの検査も行います。

更年期症状の改善
 更年期とは閉経の前後数年のことをいいます。したがって、更年期障害は生理があっても起こる可能性があります。ほてり、のぼせ、発汗、冷えなどの症状がある患者さんが多いようです。ホルモン治療、漢方治療などがあります。

不妊治療(一部自費)
 なかなかお子さんに恵まれないご夫婦に、カウンセリングや各種ホルモン検査、タイミング法、人工授精などの治療を行っています。当院は不妊専門のクリニックではないため、より高度な生殖医療(体外受精や顕微授精など)を必要とする患者さんには専門の施設を紹介します。

避妊相談
 避妊法はいろいろありますが、確実性の点からお勧めできるのは低用量ピル、避妊リング、コンドームの3つと考えます。どの方法が患者さんに最も適しているか、メリットデメリットを含めて説明したうえで決定します。

ピル処方
 1.低用量ピル(一部保険扱い)
  確実な、そして女性が自分でできる避妊法として欧米では古くから使用されてきた薬剤です。日本では1999年から使用可能となりました。最近では避妊だけでなく、他の効能もあるとして、月経困難症や過多月経、月経前の不快な症状の軽減に使われるケースもあります。

 2.月経をずらす
  月経を早める方法、遅らせる方法があります。早める場合は生理が始まったらすぐに薬を飲む必要があります。生理を遅らせたい方で、生理が不順な場合、月経時期のコントロールがうまくいかない場合があります。予定が立ったらできるだけ早い時期に来院してください。基礎体温表があればそれが役に立つこともありますので持参してください。

 3.緊急避妊
  何らかの状況で、確実な避妊ができなかった可能性のある時に、72時間以内にホルモン剤を内服し、その12時間後にまたホルモン剤を内服するという方法です。これは事後に緊急避難的に行うもので、避妊の確実な方法ではありません。

ブライダルチェック
 結婚、妊娠の予定のある方で、あらかじめ妊娠や出産に影響のある異常がないかを調べておきます。細胞診、超音波検査、血液検査などがあります。希望する項目によって金額は変わります。

妊娠検査 など

その他については直接お電話(TEL:043-278-1916)でお問い合わせください。
(産科健診は行っておりません。)

注意:は自費項目です。